スマートフォン版はこちら

管理部門(経理、人事、法務)の求人・転職特集

管理部門とは

管理部門の厳選求人

管理部門とは、経理、人事、法務、経営企画などの部門を指します。営業、販売、製造のように直接売り上げに結びつく部門ではありませんが、企業の成長や将来性にかかわる重大な役割を担っています。

管理部門と呼ばれる職種には、次のような部門が該当します。

 

  • 経理
  • 財務
  • 人事
  • 総務
  • 経営企画

 

管理部門の業務は、直接部門とは異なり売り上げに直接影響をあたえることがない分、成果測定がしづらく評価を得ることが難しい傾向にあります。そのため、モチベーションの維持が難しいと言われていますが、直接部門を支える必要不可欠な部門でもあり、企業を支える基盤としてやりがいのある仕事といえます。

管理部門のそれぞれの職種の具体的な職務内容、特徴、やりがいについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ参考になさってください。

参考:管理部門とは?仕事のやりがいと経営を支える部門として必要なスキル

管理部門へ転職するためのポイント

管理部門の業務内容は企業によって様々ですが、会社の規模によっては1つの部門で複数の業務を担っている場合があります。例えば、総務部門が採用や人事教育、研修などの人事部門の業務を兼務していることもありますし、経理と財務をまとめて経理財務部門として置かれている場合もあります。そのため、管理部門では複数の業務をひとりで同時にこなしたり、短期で進行できるようなマルチタスクが得意であることが求められます。

また、管理部門では専門知識を求められる業務が多くあるため資格を持っていることが優位に働くことがあります。例えば、財務部門では資金調達の流れを正確に把握する必要があるため、公認会計士、簿記、FASSなどの資格があると良いですし、法務部門では契約書や就業規則などの文書を作成する機会が多くあるため、司法書士、行政書士、弁護士資格などを保有していると、活躍の場は一層広がるといえます。また、専門外であっても幅広く専門的なスキルを身につけることは、転職で有利になったり、キャリアアップにつながるためおすすめです。

管理部門へ転職する際の注意事項

管理部門への転職の際には、求人票に書かれている業務内容を確認するだけでなく、複数の求人と見比べるようにしましょう。さきに述べたように、管理部門の業務は企業によっては複数業務を兼務している場合がありますし、求人に記載されている職務内容のうち、どの業務領域が現職の業務よりも深いのか浅いのかを見極め、そのうえで現在の年収と比較して給与に見合った内容かを判断する必要があります。

管理部門の求人は人気が高く転職希望者は多いですが、間接部門ということもあり常に募集があるわけではありません。大手企業の中には良い人がいれば紹介してほしいというスタンスでの非公開求人として募集をしている企業も多くあるため、管理部門の転職をお考えの場合には転職エージェントの活用もご検討ください。

この特集のすべての求人を見る

年収800万円以上、年収アップ率61.7%

求人探しは、パソナキャリアの転職コンサルタントへお任せください。

極秘プロジェクトにかかわる求人や、事業立ち上げ、IPOなど、サイト上では公開されない、他の転職サイトでは見られない「非公開求人」の中から、ご経験にマッチした求人をお探しします。