スマートフォン版はこちら

Uターン・Iターン転職の求人・転職特集

「地元に帰って働きたい」「憧れのまちで暮らしてみたい」「地方で家族とゆっくり過ごしたい」 そんな理想をかかげて地方や故郷への移住を検討している方も多いのではないでしょうか。とはいえ、今までのキャリアを生かした仕事が見つかるのか、新しい環境での新生活に馴染むことができるのかなど、地方への移住に不安をお持ちの方も多いかと思います。 そこで今回は、Uターン・Iターン転職のメリット・デメリット、転職を成功させるためのコツやノウハウをご紹介します。

Iターン・Uターン転職特集

Uターン・Iターン転職とは?

Uターン転職とは、地方を離れて都会で就業していた人が地元に戻って就職することです。Iターン転職は都市部出身の人が理想の生活の実現のために地方へ移転して就職することで、いずれも似た言葉ではあるのですが、それぞれ意味は異なります。

 

  • 通勤ラッシュから解放される
  • 食べ物が新鮮でおいしい
  • 子育てしやすい環境が整っている

 

これらはUターン・Iターン共通のメリットとなります。その他、Uターン転職の場合は、「両親の近くで生活ができる」「地元の友人たちと再会できる」「慣れ親しんだ街で生活できる」といった良さもあります。

Iターン転職では、これらのメリットに加えて「好きな場所で働きながら暮らせる」ことを動機に移転先を選ぶ人も多いようです。

ほかにも、地方に移住して仕事をするメリットはたくさんあります。Uターン転職で移住をする場合は、「親の近くに住めるので安心(同居すれば生活費を抑えられる)」「地元に友人がたくさんいる」「子供のころから慣れ親しんだ土地で生活できる」といった良さがあります。将来的に出身地に帰ることが決まっている人の中には、「中途退職するよりも、地元企業に転職して仕事をしていくほうがキャリアの面でも有利」と、考える人もいます。

Uターン・Iターンで転職するデメリット

 

  • 都市部と比べて求人が少ない
  • 公共交通機関が少なく移動が不便
  • 商業施設や医療施設が少ない

 

リモートワークや通勤事情は? 地方も都会も働き方は会社次第。地方移住でよくある誤解が、「地方ならどの会社ものんびりしているだろう」というもの。しかし、会社によって仕事内容や忙しさが異なるのは、地方も都会も変わりません。「プライベートを充実させたかったのに、そんな時間はない」といった失敗がないように、あらかじめ就業形態や仕事の進め方などをきちんと調べるようにしましょう。

また、転職先として選べる仕事の選択肢は、どうしても都会より地方のほうが少なくなります。 移住する前に、地方に特化した転職サイトや移住先のハローワーク、自治体などで、自分が就きたい仕事があるか探してみましょう。パソナキャリアでは移住先の求人情報や職場の環境についてのご案内をしています。地方移住に不安がある場合にはお気軽に転職コンサルタントに相談ください。

Iターン・Uターンが可能な求人のご紹介

UIターン転職の失敗談を耳にし、安易に決断してもいいのかという迷いもあるかもしれません。まずは希望のエリアにどのような求人があるのかをチェックしてみましょう。気になる募集条件や求人内容があった場合には、似たような求人の紹介が可能かどうか、転職コンサルタントにご相談いただくことをおすすめします。

この特集のすべての求人を見る

年収800万円以上、年収アップ率61.7%

求人探しは、パソナキャリアの転職コンサルタントへお任せください。

極秘プロジェクトにかかわる求人や、事業立ち上げ、IPOなど、サイト上では公開されない、他の転職サイトでは見られない「非公開求人」の中から、ご経験にマッチした求人をお探しします。