スマートフォン版はこちら

DXコンサルティングとは?DXコンサルタントの仕事内容や必要な能力を解説!

img01.jpg

近年DXの需要が高まっていることから、DXコンサルティングの仕事に興味を持った方も多いかもしれません。DXコンサルタントはDXの中核として幅広い役割を担うため、そのぶん広範なスキルと知識が求められます。転職でDXコンサルタントを目指す際には、仕事内容や必要な能力を正しく理解しておくことが大切でしょう。

そこで今回は、DXコンサルティングの定義やDXコンサルタントの役割などについてわかりやすく解説します。また、DXコンサルタントに必要な能力や経験も紹介しますので、ぜひスキルアップの参考にしてみてください。

DXコンサルティングとは?

DXコンサルティングとは、どのようなサービスのことを指すのでしょうか。本章では、DXコンサルティングの意味や、DXコンサルティングを手がける主な企業について解説します。

DXコンサルティングの定義

DXコンサルティングとは、デジタル領域と経営の知見を持つDXコンサルタントが、クライアント企業のDX推進をサポートするサービスのことです。自力でDXを実現するのが難しいクライアント企業に対し、必要なリソースやノウハウを提供します。具体的には、プロジェクト全体の戦略立案から事業計画書の作成、外部ベンダーのマネジメント、事業のスケールアップまで幅広い支援を通じて、クライアント企業のDXを成功に導きます。

DXコンサルティングを手がける企業とは

これまでDXコンサルティングを手がけてきたのは、デジタル領域に強みを持つ「IT系コンサルティングファーム」が中心でした。しかし、近年はDXの需要が高まっていることを受け、さまざまな企業がDXコンサルティングのサービスをスタートしています。例えば、戦略系コンサルティングファームや総合系コンサルティングファーム、大手ITベンダー、総合商社、大手広告代理店などが続々とDXコンサルティングの市場に参入している状況です。これに伴って、DXコンサルタントの活躍領域は広がっており、採用活動も活発になっています。

DXコンサルティングを必要としている企業とは?

DXコンサルティングは、具体的にどのようなクライアント企業から必要とされているのでしょうか。本章では、DXコンサルティングを必要としている企業の課題について解説します。

【ケース1】デジタル領域の知見が足りない

DXコンサルティングは、主にデジタル領域の知見が不足している企業から必要とされます。DXでは、ITやWebの基礎知識だけでなく、AIやIoT、ブロックチェーン、ビッグデータといった最先端技術の知見が必要です。日本企業ではこうしたデジタル領域の知見を備えた人材が不足しており、ゼロから育成するのにも時間がかかります。その点、外部の専門家であるDXコンサルタントに依頼すれば、ノウハウをスピーディに補うことが可能です。結果的に企業はDX人材の不足に悩むことなく、DXに取り組めるようになります。

【ケース2】事業創出のノウハウがない

DXコンサルティングは、事業創出のノウハウを持っていない企業から必要とされることもあります。たとえデジタル領域の知見があっても、それをビジネスに生かせるかどうかは別問題です。DXで新規事業を立ち上げるには、自社の経営状況や外部環境の変化を正しく分析し、実現性の高い事業を創出するためのノウハウが欠かせません。その点、DXコンサルタントはデジタル領域だけでなく、“経営”のプロフェッショナルでもあります。そのため、企業がDXで新たな事業を創出する際、DXコンサルタントを必要とすることもあるのです。

【ケース3】レガシーシステムを刷新したい

DXコンサルティングは、レガシーシステムの刷新を検討している企業からも必要とされます。レガシーシステムとは、老朽化したITシステムのことをいいます。企業がレガシーシステムを改修せずに使い続ける場合、システム障害やデータ流出のリスクが高まったり、維持コストがかかったり、社内データの統合や管理が困難になったりとDXに大きな支障が出てしまうのです。しかし、社内のIT基盤を刷新するには、デジタル領域の高度なノウハウと多数の専門人材が必要になります。そこで、企業はデジタル領域の専門家であるDXコンサルタントに相談し、サポートを受けながらレガシーシステムの刷新に取り組むケースも珍しくありません。

DXコンサルタントの主な役割・仕事内容とは?

DXコンサルティングを手がけるDXコンサルタントは、具体的にどのような役割を担うのでしょうか。本章では、DXコンサルタントの主な役割や仕事内容について解説します。

DX全体の戦略立案

DXコンサルタントの役割として、DXの戦略立案が挙げられます。具体的には、クライアント企業の経営課題や外部環境の変化を分析したうえで、DXで達成すべきビジョンや目標を決めます。新たな事業を創出する際は、予算や収益化の仕組み、スケジュールなどを事業計画書にまとめ、実現までの道筋を描くのも重要な役目です。

社内の風土・体制変革

DXでは、クライアント企業の社内ルールや事業モデルを抜本的に変えることになります。そのため、社内の関係各所と交渉・調整をし、DXに向けた体制作りをするのもDXコンサルタントの仕事です。例えば、経営層にDXの意義を伝えて賛同を得たり、新事業の創出に向けて部署の再編や専門チームの設立をしたりします。また、社内のデジタルリテラシーが低い場合には、マニュアル作成や研修などでモラルアップを図ることもあります

PoC(概念実証)

DXで新しい事業やサービスを創出する場合には、前段階として「PoC(概念実証)」と呼ばれる工程が欠かせません。PoCとは、事業としての実現性を検証したり、試作品(プロトタイプ)を開発したりすることです。DXコンサルタントはこうしたPoCのサポートやアドバイスをすることで、事業の成功確率を最大限まで高めます

ベンダーマネジメント

DXを通じてシステムやアプリケーションを開発する際は、外部のITベンダーに依頼する場合もあります。その際、クライアント企業と外部ベンダーの間に立ち、指示出しやアドバイスをするのもDXコンサルタントの役割です。デジタル領域の専門家として進捗の管理や品質のチェックをすることで、プロダクトの完成度を高めます

DX人材の育成

クライアント企業のなかには、デジタル領域の人材不足に悩んでいるケースもあります。その際、DX人材の育成を支援するのもDXコンサルタントの役割です。具体的には、DX人材の要件を定義したうえで、研修やセミナーを実施して人材のスキルアップを支援します。クライアント企業が外部からDX人材を採用する際には、DXコンサルタントが選考基準や面接フローを策定し、優秀な人材を獲得できるようサポートする場合もあります。

DXコンサルタントに求められる能力・経験とは?

DXコンサルタントになるためには、どのような能力や経験が必要になるのでしょうか。本章では、DXコンサルタントが採用選考の際に求められる主な能力・経験について解説します。

※DXコンサルタントに求められる能力は志望先企業の専門領域によって異なり、必ずしも下記すべてのスキルや経験が求められるわけではありません。コンサルティングファームによっては、いずれか一つ以上の要件を満たせば応募できるケースもあります。そのため、自分の強みとなる分野を見つけて伸ばすことも一つの戦略です。

ITに関する基礎知識

DXコンサルタントはデジタル領域の専門家としてクライアントを支援するため、前提としてITに関する基礎知識が必須です。ソフトウェアやハードウェア、ネットワークなどに関する知識、システムの開発フローなどについては習得しておく必要があります。また、システムエンジニアやインフラエンジニア、PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)など、IT業界での実務経験を持っている人は選考で能力をアピールしやすいでしょう。

最先端のデジタル領域に関する知見

DXでは、AIやIoT、MR、センシング、5Gなど、最先端のデジタル技術を生かして事業を創出することも少なくありません。そのため、最先端技術やデジタルトレンドに関する知識と経験が高く評価されます。AIエンジニアやデータサイエンティスト、UX/UIデザイナーとしての実務経験があると、能力を生かしやすいでしょう。

コンサルタントとしての基礎能力

DXコンサルタントはデジタル領域の知識だけでなく、コンサルタントとしての基礎能力が必要です。具体的には、経営層や関係各所と円滑にやり取りする「コミュニケーション能力」、状況を冷静に分析する「論理的思考力」、財務やマーケティングといった「経営に関する知見」などが求められます。コンサルティングファームで経営コンサルタントやITコンサルタントを経験したことのある人は、選考での評価につながりやすいでしょう。

事業企画に関する知見

DXでは、デジタル技術を生かして新商品や新サービスを開発するケースもあります。そのため、ビジネスアイデアを生み出すための発想力や企画力を持っていると、武器になるでしょう。また、新規事業やDXに参画した経験、SIerや事業会社での勤務経験など、事業企画に関する実務経験は選考での大きなアピール材料になります。

DXコンサルタントを目指す際は、ハイクラス転職という選択を

DXコンサルタントになるには、デジタル技術や事業企画に関する十分な知識を身につけたうえで、コンサルティングファームやDXコンサルティングの専門会社へ転職するのが代表的な方法です。DXコンサルタントは広範な能力が求められるぶん、高水準な給与・役職で採用されるケースも少なくありません。そのため、ハイクラス転職によって、今よりも高い年収やポジションを狙うチャンスでもあるのです。

パソナキャリアは、求人の約半数を「年収800万円以上」のハイクラス求人が占める、ハイクラス向け転職エージェントサービスです。DX関連職種の転職を豊富に支援してきた転職コンサルタントが、履歴書・職務経歴書の添削から面接対策、求人紹介、企業との交渉まで一貫してサポートします。転職でDXコンサルタントを目指す際には、ぜひパソナキャリアへお気軽にご相談ください。