スマートフォン版はこちら

マネージャーの仕事とは?必要な能力や成果を出すためのポイントを解説

img01.jpg

キャリアアップでマネージャーのポジションを目指しており、「仕事内容を詳しく知りたい」と考えている方も多いかもしれません。マネージャーの仕事は、プロジェクトの管理から部下の育成や評価まで多岐にわたります。そのため、仕事内容の幅を正しく理解しておくことで、自信を持ってマネージャーとして活躍できるでしょう。
そこで今回は、「マネージャーの仕事内容」や「マネージャーに必要とされる能力」について詳しく解説します。また、「マネージャーが仕事で成果を出すためのポイント」も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもマネージャーとは?

マネージャーとは、組織の成果を高めるために、組織内の人材や予算、業務の進捗を管理するポジションのことです。具体的な役職としては、会長や社長などの「トップマネジメント」、部長や課長などの「ミドルマネジメント」、主任やチームリーダーなどの「ロワーマネジメント」があります。マネージャーが組織の方向性を明らかにし、部下に対して適切に育成や動機づけをすることで、組織全体のパフォーマンスを最大化できるのです。

マネージャーの主な仕事内容とは?

マネージャーの仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、マネージャーの主な仕事内容について、大きく5つにわけて解説します。

(1)目標・ビジョンの策定

目標・ビジョンの策定は、マネージャーにとって重要な仕事の一つです。具体的には「業績目標」や「顧客の獲得件数」といった部署全体の目標を決めたうえで、それを部下一人ひとりの個人目標に落とし込みます。目標を決める際は、経営陣と密にやり取りし、経営目標に基づいた実現可能な指標を設定することが大切です。このように組織・個人の目標を決めておくことで、部下が自身の役割を認識でき、組織としての一体感も醸成できます。

(2)プロジェクトの進捗管理

部署内で進行している各種プロジェクトの進捗管理も、マネージャーの仕事です。まずは部下一人ひとりのスキルレベルや目指したいキャリアなどを明確にしたうえで、それに見合うような業務を割り振ります。そして、業務の進捗や目標の達成度合い、予算、納期、成果物の品質などを適宜確認し、必要であれば軌道修正していくイメージです。業務内で発生が予想されるトラブルやリスクに対し、部下に対策を促すのも重要な仕事といえます。

(3)評価・フィードバック

部下の業務プロセスや成果に対して、適切な評価をするのもマネージャーの重要な仕事です。例えば、評価面談を実施し、部下一人ひとりに良かった点・改善すべき点をフィードバックします。加えて、適宜1on1ミーティングのような個人面談の場を設け、部下の業務における悩みを解決へ導くことも大切です。特に評価面談は人事考課の内容を決定づける場であるため、相手によって評価に偏りが出ないよう公平に実施するようにしましょう。

(4)部下の育成

マネージャーにとって、部下を指導・育成し、スキルアップを支援することも大切な仕事です。例えば、部下一人ひとりに対して能力開発の方法を教示したり、部署全体で勉強会や研修を開催したりします。また、成果の伸び悩んでいる部下に対しては、個別に改善に向けたアドバイスとサポートをすることも重要です。マネージャーが部下へのコーチングに取り組むことで、組織の生産性や能率が高まり、組織全体の成果アップにつながります

(5)部下の動機づけ・モチベーション管理

たとえ部下に高いスキルがあったとしても、意欲が伴っていないと実力は十分に発揮されません。そのため、マネージャーが部下の動機づけを行い、モチベーションを高めてあげることも重要です。例えば、一人ひとりに会社からの期待を直接伝えたり、挑戦しがいのある目標(ストレッチ目標)を設定したり、表彰の場を設けたりします。マネージャーが部下のやる気に火をつけてあげることで、組織としてのパフォーマンスも高まるでしょう

マネージャーが仕事で直面しやすい課題と必要とされる能力

マネージャーは仕事において、どのような能力を求められることが多いのでしょうか。ここでは、マネージャーが仕事で直面しやすい課題と、その際に必要とされる能力について解説します。

組織内外のやり取りがうまくいかない【コミュニケーション能力】

マネージャーは自部署の部下だけでなく、経営陣や他部署の管理職とも日々やり取りします。そのため、なかには周囲とうまく意思疎通を図れず、悩んでしまうマネージャーの方もいるかもしれません。必要なのは、相手の意志を尊重したうえで話を傾聴し、自身の意見を論理的に伝える「コミュニケーション能力」です。説得ではなく、相手からの「納得」を得られるようなコミュニケーションが取れれば、各所との関係も築きやすくなります。

組織に一体感が生まれない【ビジョンメイキング能力】

近年は社会の変化が激しく、事業のライフサイクルも短くなっています。そのため、社員が将来に対して不安を抱えてしまい、自社への信頼感や安心感を失ってしまうケースも珍しくありません。そこでマネージャーに求められるのが、市場の動向や時代の変動を正しくとらえたうえで、組織としての将来像を描く「ビジョンメイキング能力」です。自部署の確固たるビジョンを掲げることで、部下の不安を和らげ、帰属意識をより強められます。

重要な局面で迷ってしまう【意思決定力】

マネージャーは、組織の責任者として日々さまざまな選択を迫られます。例えば、DXへの取り組み方や働き方改革への対応方法など、組織上の大きな変化にも決断をくださなければいけません。その際に必要なのが、状況を冷静に分析したうえで、強いリーダーシップで物事を決断していく「意思決定力」です。マネージャーとして強い意志でスピーディに決断をくだせるようになれば、経営陣や部下から信頼されやすい存在になれるでしょう。

部下のパフォーマンスが上がらない【アセスメント能力】

マネージャーとして直面しがちなのが、「部下のパフォーマンスが思うように上がらない」という課題です。スキルも性格も価値観も異なる人材に等しく成果を出させるのは、簡単ではありません。そこでマネージャーに求められるのが、人材の適性を正しく見抜く「アセスメント能力」です。マネージャーが部下一人ひとりの得意分野や経験値、スキルなどを踏まえて適材適所に人材を配置することで、部下も能力を発揮しやすくなります

組織内のトラブルに対処できない【課題解決力】

マネージャーは組織内で起こるトラブルについて、適正な対処を求められます。例えば、部下同士の対立や経営陣への不満などが挙げられるでしょう。その際、マネージャーが判断を迷っていたら、組織内のあつれきは大きくなるばかりです。だからこそ、マネージャーには物事の本質を見抜き、論理的に解決策を練る「課題解決力」が求められます。マネージャーが迅速に解決への道筋を提示できれば、部下も業務に集中しやすくなるでしょう。

マネージャーが仕事で成果を出すためのポイントとは?

マネージャーが仕事で周囲から信頼される存在になるためには、どのようなことを意識すればいいのでしょうか。ここでは、マネージャーが仕事で成果を出すためのポイントについて解説します。

部下とのコミュニケーションを大切にする

人材を適材適所に配置するには、マネージャーが部下の適性を正しく把握しておく必要があります。そのため、定期的な1on1ミーティングをはじめ、部下とこまめにコミュニケーションを取るようにしましょう。部下側も「自分のことを大切にしてくれている」と思えるようになるため、マネージャーとしての信頼度も高まります。

部下を信頼して、積極的に仕事を任せる

マネージャーのなかには、「部下に仕事を任せるのが不安」「自分で業務を進めるのが楽しい」という理由から部下に仕事を任せられない人もいます。しかし、部下を成長させることこそ、マネージャーの本質的な役割です。そのため、業務の優先度や期待値、部下のスキルレベルなどを正しく理解したうえで、積極的に部下に仕事を委譲するようにしましょう。部下のスキルアップが、結果的に組織全体の成果向上や生産性アップにつながります。

他のマネージャーと積極的に交流する

マネージャーは決断を迫られた際、一人で答えを出さなければならず、孤独を感じてしまう場面もあります。そのため、普段から他のマネージャーと積極的に交流を深め、相談相手をつくっておくことも重要です。他のマネージャーに話を聞くことで、経験に基づく建設的な意見や、実務に直結した方法論を授けてもらえるでしょう

経営陣との意思疎通を欠かさない

各部署の目標やビジョンは、基本的に企業全体の経営戦略に基づいて決められます。そのため、マネージャーは普段から経営陣との意思疎通を欠かさず、事業戦略や経営方針、市場の動向を深く理解しておくことが肝心です。マネージャーが企業全体の方向性を部下に伝えることで、部下も迷いなく業務に打ち込めるようになるでしょう。

マネージャーの仕事を探す際は、「ハイクラス転職」の検討を

マネージャーとしてキャリアアップを目指す際は、転職も一つの選択肢です。ただし、マネージャークラスの求人は企業の経営戦略と密接に関わるため、一般的な転職サイトでは“非公開”として扱われることも少なくありません。だからこそ、転職時には「ハイクラス向け」の人材サービスを積極的に活用するようにしましょう。ハイクラス転職の支援実績が豊富な転職エージェントであれば、マネージャーの求人も数多く紹介してもらえます。

パソナキャリアは、管理職求人の割合が「28.4%」を占める、ハイクラス向け転職エージェントサービスです。マネージャーの転職支援実績が豊富な転職コンサルタントが、スキルの棚卸しから履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、求人紹介、企業との交渉まで一貫してご支援します。ぜひ転職でマネージャーとしてキャリアアップを目指す際には、パソナキャリアをご活用ください。